税理士なら春日井市、小牧市、名古屋市 がエリアの磯谷会計事務所

サッカーワールドカップ

昨日はサッカーワールドカップロシア大会の日本対ポーランド戦を
テレビで見ていました。初戦、二戦目と予想を上回る日本チームの出来栄えに
かなり世間からも注目されていますね。
昨日の三戦目は勝つか引き分けなら決勝トーナメント進出、負けても
同時刻に戦うコロンビアとセネガルの試合結果で進出の可能性を残していました。
1点をポーランドに先制されてなかなか同点に追いつけない状況でしたが、
他会場のコロンビアが1点先制したことが分かると、日本は負けてもぎりぎり決勝
トーナメントに行けるので、それから最後の10分間はパス回しに徹してブーイングを
浴び続けていました。
結局、その作戦が功を奏して決勝トーナメント進出を決めましたが、何か
釈然としないものが選手もサポーターもあったのではないでしょうか?
決勝トーナメントに残ることが目的ならこれは正しかったのでしょう。
相手と真剣に戦うことが目的だったならこれは間違いだったのでしょう。
何を目的とするか、人によって価値観は違います。
いろいろ考えさせられるゲームでしたが、決勝トーナメントも頑張ってほしいですね。

h30.6.29

会社設立の流れ

661_original.jpg1.お客様:電話またはメールにて相談依頼

2.お客様:当事務所にて面談し、ご説明の後チェックシートをお渡ししますので、必要事項を記入の上お渡しください。ここで商号(会社名)・役員・住所・事業内容・決算月などを決めます。

3.お客様:法人代表印の作成、個人の印鑑証明書(出資者及び役員各1通)の取り寄せ

4.お客様:個人の通帳に資本金の振り込みまたは入金(この後、通帳の写しに会社の実印を押印します)

5.お客様:当事務所にて申請用紙に押印、会社設立費用のお支払い

6.司法書士:定款認証、登記申請手続き

7.司法書士:法務局にて、登記簿謄本を取得

8.お客様へ登記簿謄本・法人印鑑証明書等をお渡しします。⇒会社設立の完了です!

9.お客様:会社の謄本と印鑑証明書を持って銀行で法人の口座開設をします。

お問い合わせ