税理士なら春日井市、小牧市、名古屋市 がエリアの磯谷会計事務所

飲食代の領収書

今日から10月ですね。
私もクールビズをやめて今日からネクタイをしています。ノーネクタイに慣れているのでちょっと変な感じです。本当はもう少しノーネクタイでいたいですが。
さて、今日は新しい会社の設立をする社長さんと司法書士と私で当事務所内で会社設立の登記の書類に印鑑を押したり説明をしたりしていました。
その社長さんは別の会社の役員でもあるのですが、その別会社の顧問税理士さんは飲食代の領収書をなかなか経費と認めてくれず、せっかく社長がお店からもらった領収書も捨ててしまうことが多いと言っていました。
「えっ?もったいない。」とつい私は言ってしまいましたが、会社で接待した飲食代は当然交際費として経費になりますし(中小企業の場合は90%が経費になります。1人5,000円以下の飲食代なら100%経費です)、1人3,000円以下の打ち合わせでの飲食代なら会議費としてこちらもやはり100%経費です。こういう税理士さんは少数だと思いますが、経費にできない方はたまったもんじゃありませんね。世の中には色々な税理士がいるんだなあと驚きました。

h24.10.1