税理士なら春日井市、小牧市、名古屋市 がエリアの磯谷会計事務所

減価償却の改正

今日減価償却の改正について質問を受けたので簡単に説明します。
減価償却費の計上を国際的水準に合わせる観点から、今年の4月1日以後に取得する減価償却資産の定率法の償却率が、定額法償却率の250%から200%に変更されました。また、次の経過措置があります。
改正事業年度(平成24年4月1日をまたぐ事業年度)において定率法を選択している場合には、平成24年4月1日からその事業年度終了の日までの期間内に取得をされた減価償却資産については、その減価償却資産を平成24年3月31日以前に取得をされたものとみなして、250%定率法により償却することができます。
今回の改正で減価償却費の合計額は変わりませんが、耐用年数の前半の償却額が減りますね。

平成24年5月10日