税理士なら春日井市、小牧市、名古屋市 がエリアの磯谷会計事務所

資産保有型法人の活用

2日前に所属する税務研究会の研修に行ってきました。
タイトルは「資産所有型法人の活用による相続税増税への対応策」です。
個人で賃貸不動産を持っている方の相続税対策として、賃貸不動産の建物を
法人を作って所有権を移し、個人の所得を減らし、なおかつ相続税評価も引き下げる
というスキームで東京ではかなり流行っているようです。
特に最近では郊外のアパートや貸家でそういう対策が多いという講師の話でした。
空き地に賃貸アパートを建てたりするのは、将来的な需要と供給など様々な要因を
考慮しなくてはならないためリスクが高いですが(最近サブリースの問題も言われていますね)
この方法なら現在の賃貸状況はそのままで、建物の所有者を変えるだけですからそういう
リスクも少なくやりやすい対策だと思います。
うちのクライアントさんにも当てはまりそうなところがいくつかあるので
検証して提案してみたいと思います。

h27.6.4